スライドドア普通車コンパクトカー比較ランキング2017

2017年1月更新。スライドドア普通車のコンパクトカー(ポルテ/スペイド・フリード・シエンタ・ソリオ・ルーミー/タンク)について徹底比較ランキングを発表したいと思います。

*

スズキ「ソリオ」は燃費No.1の25.4km/L!メリット・デメリット(欠点)

      2016/04/20

ソリオの燃費はダントツの1位で25.4km/L!
スライドドアのワンタッチ開閉機能も魅力的♪

第3位
スズキ・ソリオ
スズキ「ソリオ」
三菱「デリカD:2」

燃費 2013年
販売台数
乗車人数 スライドドア
開口幅
室内広さ
荷室広さ
運転操作性
安全性
25.4
km/L
30,296台
不明
5人 両側
580mm

ソリオの口コミ体験レポートはこちら

デリカ・D:2の口コミ体験レポートはこちら

ソリオのメリット(良い点)

  • 燃費は最大24.5km/Lまで向上されました
  • スライドドアのワンタッチ開閉機能が便利
  • 全長と全幅はコンパクトですが、全高がミニバン並みで室内も広々としている
  • カスタム系の「バンディット」なら男性も納得のデザイン
  • 後部座席はコンパクトカーと思えないほど広い
  • 高さがあるのでスライドドアからの乗降りがしやすい
  • 後部座席はロングスライドできるので更に広々と使える
  • レーダーブレーキサポートⅡを搭載できる
  • 高さがあるので運転席からからの見晴らしもよく運転しやすい

ソリオのデメリット(欠点)

  • 高さがあるので機械式の立体駐車場が利用できないことも
  • 車内の広さが一番狭いので窮屈

スズキ・ソリオの人気グレード、人気色は?

ソリオの人気グレード⇒バンディット・・・25%、ブラック&ホワイト(Ⅱ)・・・20%、X20・・・%、その他・・・35%
(13年1月~8月平均値)

人気色は?シエンタの人気色⇒ホワイト系・・・35%、ブルーイッシュブラックパール3・・・20%、その他・・・40%
(13年1月~8月平均値)
※別冊モーターファン「コンパクトカーのすべて2014年」参照

スズキ「ソリオ」の口コミ体験レビューはこちら

スズキ・ソリオの正面画像
スズキ「ソリオ」 10年12月発表
燃費: 25.4km/ℓ
新車価格相場: 142~185万円
排気量: 1.2ℓ
スライドドア: 両側スライドドア
電動スライドドア: なし/片側/両側
スライドドア開口幅: 580mm
中古価格をチェック⇒ソリオ(スズキ)(ガリバー)

ソリオの燃費は、25.4km/Lでダントツの第1位

とても良いソリオの燃費は25.4km/Lで、スライドドア搭載コンパクトカーの中でダントツの第1位です。
しかも、フリードのハイブリッドよりも約4km/Lも燃費が良いのでとても低燃費のコンパクトカーと言えるでしょう。
フリードハイブリッドは、7人乗りに対し、ソリオは5人乗りという大きな違いがあります。乗車人数が少ないのでその分当然ボディの大きさは小さいです。

>>低燃費ランキングをチェック

燃費(km/L) 25.4km/L 1位

2013年のソリオ販売台数は、30,296台で第3位

普通車種別のスライドドア搭載コンパクトカーの販売台数は、ソリオは第3位でした。
ソリオの2013年販売台数は30,296台でした。月平均2525台の販売実績があります。
第1位のポルテ&スペイドは、合計で約8万台ですが、ポルテ単体の販売台数は31,649台なのであまり差はありません。
スペイドがダントツの販売台数で約4万8千台の販売台数があります。

>>販売台数ランキングをチェック

2013年販売台数 30,296台 3位

スライドドアの乗降りしやすさは第2位

良いソリオはスライドドア搭載コンパクトカーの中で、スライドドアの開口幅が小さく最下位の数値でしたが、そのほかのスライドドアの開口高は2番目に高く、後部座席のステップの高さは2番目に低いので乗降りのしやすいコンパクトカーと言えるでしょう。

>>スライドドア乗降性ランキングをチェック

スライドドア開口幅 580mm 4位
スライドドア開口高 1230mm 2位
後部座席ステップの高さ 365mm 2位

ソリオのスライドドア性能は1番おすすめ

良いソリオの最もおすすめポイントとも言えるスライドドアの性能についてですが、スライドドア搭載コンパクトカーの中で唯一ワンタッチ開閉機能が付いています。
ワンタッチ開閉機能とは、スライドドアのボタンを押すだけでスライドドアを開閉させられる機能です。ドアノブを掴まずに開閉させられるので手がふさがっているときに大変便利です。
他にも、電動スライドドアが標準装備なのも嬉しいポイントです。

>>スライドドア性能の比較一覧をチェック

スライドドア(両側・片側) 両側
電動スライドドア 両側標準装備
リモコン開閉(電動)
ワンタッチ開閉
イージークローサー機能 両側
挟み込み防止機構

ソリオの室内は狭く、最下位

残念残念ながら比較をしたスライドドア搭載コンパクトカーの中で一番室内が狭いという結果になりました。
特に、室内前後の長さと横幅が狭くなっています。フリードは7人乗りの3列シートの車なので室内は広くなっています。
その分ソリオはボディの大きさも一番小さく、燃費が良いというメリットがあります。

>>室内の広さランキングをチェック

室内長 2,145mm 4位
室内幅 1,415mm 4位
室内高 1,345mm 2位
長さ+幅+高さ 4,905mm 4位

ソリオは、荷室の広さ総合第1位で沢山荷物が載せられる

とても良いソリオは、室内の広さは狭いものの、荷物室の広さは総合的に第1位という結果になりました。
フリードは、7人乗りで室内は広いものの、7人乗車すると残念ながら荷室が狭くなってしまいます。その反対でソリオは5人乗りなので荷室に十分な広さが確保できます。
しかもソリオは2列目シートを前後にスライドできることも、荷室を広く確保できる理由です。しかし2列目を前にスライドさせるとその分狭くなってしまうので良いポジションを見つける必要がありそうです。

>>荷室の広さランキングをチェック

1,140mm 1位
奥行き1列目使用時 1,490mm 2位
奥行きシート全使用時 385~545mm 2位

ソリオは小回りが利いて運転しやすい

良いソリオの小回りを表す最小回転半径は5.0mで第2位でした。車の安定感に関係する車高の高さは一番高く安定性には欠けますが、その分視界は高くなるので運転しやすくなるでしょう。
また、ミラートゥーミラーの幅は一番小さく、車幅感覚もつかみやすいはずです。
ソリオの運転しやすさは、総合第2位という結果でした。

>>運転しやすさランキングをチェック

最小回転半径(小回り) 5.0m 2位
車高 1,765mm 4位
ミラートゥーミラー 1,920mm 1位
総合 8点 2位

ソリオの安全性は一般的

普通最近の車の安全性は、そこまで大きく差はありません。しかし、ソリオはサイドカーテンエアバックを装備できないことと、むちうち軽減シートであるかどうか不明なことから、安全性ランキングでは第3位という結果になりました。

>>安全性ランキングをチェック

SRSエアバッグ 標準装備
サイドエアバッグ グレードによる
サイドカーテンエアバッグ なし
衝突安全ボディ 標準装備
歩行者傷害軽減ボディ 標準装備
頭部衝撃緩和インテリア 標準装備
むちうち軽減シート 不明
坂道アシスト 後退抑制
スズキ・ソリオの正面画像
スズキ「ソリオ」 10年12月発表
燃費: 25.4km/ℓ
新車価格相場: 142~185万円
排気量: 1.2ℓ
スライドドア: 両側スライドドア
電動スライドドア: なし/片側/両側
スライドドア開口幅: 580mm
中古価格をチェック⇒ソリオ(スズキ)(ガリバー)

最長10年間保証・100日返品サービスのあるガリバーで中古車を探すことができます。