【車の大きさランキング】コンパクトミニバン2021

コンパクトミニバン4車種のボディの大きさをランキングで発表しています。

ボディの大きさ、つまり全長+全幅+全高の合計が大きい車が上位にきています。

家族のドライブ順位の変動は無く、ボディの大きさはホンダ「フリード」が第1位でした。

新型フリードは、フルモデルチェンジで全長が5cm長くなりました。

順位車名全長×全幅×全高
mm
合計中古車検索
1位フリード・ホンダ4,265 × 1,695 × 1,7107,670中古車検索
2位シエンタ・トヨタ4,235 × 1,695 × 1,6757,605中古車検索
3位ルーミー・トヨタ3,700 × 1,670 × 1,7357,105中古車検索
4位ソリオ・スズキ3,710 × 1,625 × 1,7457,080中古車検索

※順位は(長さ+幅+高さ)の合計の数値が大きいものが上位となっています。

新型シエンタは4車種の中でも高さが低く、安定感のある走りが期待できます。その代り室内が狭く圧迫感が出てしまうので注意が必要です。

スズキ「新型ソリオ」はボディが一番コンパクトな割に車高が高いので室内の圧迫感は少ないですが、運転した時のふらつきが気になるかもしれません。

コンパクトミニバン人気ランキング2021

当サイトでは、コンパクトミニバン4種を、燃費や販売台数、室内の広さなど各項目別に徹底比較し、総合的におすすめの車をランキング形式で発表しています。各コンパクトカーの詳細では、メリットだけでなくデメリット(欠点)も紹介していますので、車選びの参考にしていただければと思います。(2021年2月更新)

コンパクトミニバンおすすめ比較

-ランキング

© 2021 コンパクトミニバン比較ランキング2021