【室内が広い】コンパクトミニバン・ランキング2021【1位】フリード

2021年更新、コンパクトミニバン室内が広さランキングを発表します。

家族のドライブコンパクトミニバン室内の広さランキング第1位のホンダ「フリード」は、室内長が4.2cm大きくなり、更に広くなりました。

スズキ「新型ソリオ」はフルモデルチェンジで、室内長の長さが3.7cmも大きくなり4位⇒2位にランクアップしました。

順位車名室内長×幅×高mm合計中古車検索
1位フリード・ホンダ3,045 × 1,455 × 1,2855,785中古車検索
2位シエンタ・トヨタ2,535 × 1,470 × 1,2805,285中古車検索
3位ソリオ・スズキ2,500 × 1,420 × 1,3605,280中古車検索
4位ルーミー・トヨタ2,180 × 1,480 × 1,3555,015中古車検索

※順位は(長さ+幅+高さ)の合計の数値が大きいものが上位となっています。

トヨタ「新型シエンタ」は、室内幅が3cmほど大きくなりましたが、室内高が3cm小さくなり圧迫感が少し増しました。

後部座席3人ゆったり広いのはルーミー

ルーミー後部座席いっぱい倒す

ルーミーの後部座席を倒した状態

室内幅が一番広いのはルーミーで、横幅が広いと、特に後部座席が3人乗車でもある程度ゆったりと座れます。

ルーミーは、後部座席をリクライニングさせることもできるので、長時間でも快適に過ごせます。

とはいえ、コンパクトカーなので大きなミニバンと比較するとどうしても窮屈になってしまいます。

天井が高いのはポルテ&スペイド

スペイド座席の使い方

スペイドの室内画像

天井が高く開放的な室内なのは、ポルテ&スペイドでした。

ポルテの天井は138cmなので小さなお子さんや小柄な方なら少しかがんで立って室内を移動できます。

3列目が広いのはフリード

コンパクトミニバンの場合、最大乗車が5~7人ですので、室内の前後の長さは乗車人数に影響してきます。

室内は広くても7人乗りの車の場合、3列シートが入っているのでどうしても足元は狭くなってしまいます。

また、前後の長さが広いと足元がゆったりとしたスペースが確保できますが、荷室が狭くなる可能性が高いです。

シエンタもフリードも同じ6~7人乗りのコンパクトミニバンですが、3列目はシエンタが特に狭い印象でした。

3列目を使う頻度が高い場合はフリードを選択した方が正解でしょう。

コンパクトミニバン人気ランキング2021

当サイトでは、コンパクトミニバン4種を、燃費や販売台数、室内の広さなど各項目別に徹底比較し、総合的におすすめの車をランキング形式で発表しています。各コンパクトカーの詳細では、メリットだけでなくデメリット(欠点)も紹介していますので、車選びの参考にしていただければと思います。(2021年2月更新)

コンパクトミニバンおすすめ比較

-ランキング

© 2021 コンパクトミニバン比較ランキング2021