スライドドア普通車コンパクトカー比較ランキング2017

2017年1月更新。スライドドア普通車のコンパクトカー(ポルテ/スペイド・フリード・シエンタ・ソリオ・ルーミー/タンク)について徹底比較ランキングを発表したいと思います。

*

【室内の広さランキング】スライドドア搭載コンパクトカー2017更新

      2017/01/29

こちらのページでは、スライドドア搭載のコンパクトカー5車種の室内の広さをランキングで発表しています。

室内の広さ、総合ランキング(2017年1月更新)

家族のドライブホンダ「新型フリード」は、室内長が4.2cm大きくなり、更に広くなりました。スズキ「新型ソリオ」はフルモデルチェンジで、室内長の長さが3.7cmも大きくなり4位⇒2位にランクアップしました。トヨタ「新型シエンタ」は、室内幅が3cmほど大きくなりましたが、室内高が3cm小さくなり圧迫感が少し増しました。

順位車名室内長mm室内幅mm室内高mm合計中古車検索
1位フリード・ホンダ3,0451,4551,2855,785中古車検索
2位ソリオ・スズキ2,5151,4201,3605,295中古車検索
3位シエンタ・トヨタ2,5351,4701,2805,285中古車検索
4位ルーミー&タンク・トヨタ2,1801,4801,3555,015中古車検索
5位ポルテ&スペイド・トヨタ2,1601,4201,3804,960中古車検索

※順位は(長さ+幅+高さ)の合計の数値が大きいものが上位となっています。

横幅が広いと、特に後部座席が3人乗車の時にゆったりと座れる可能性が高くなります。また、前後の長さが広いとシートの位置にもよりますが、足元がゆったりとしたスペースが確保できたり、荷室が広い可能性が高いです。スライドドア搭載のコンパクトカーの場合、最大乗車が5~7人ですので、室内の前後の長さは乗車人数に影響してきます。

スライドドア搭載コンパクトカー比較ランキング2017

当サイトでは、スライドドア付のコンパクトカー5種を、燃費や販売台数、室内の広さなど各項目別に徹底比較し、総合的におすすめの車をランキング形式で発表しています。各コンパクトカーの詳細では、メリットだけでなくデメリット(欠点)も紹介していますので、車選びの参考にしていただければと思います。(2017年1月更新)

スライドドア搭載コンパクトカーのおすすめ比較ランキング