スライドドア普通車コンパクトカー比較ランキング2017

2017年1月更新。スライドドア普通車のコンパクトカー(ポルテ/スペイド・フリード・シエンタ・ソリオ・ルーミー/タンク)について徹底比較ランキングを発表したいと思います。

*

toyota「ルーミー・タンク」5人乗りの欠点は?燃費24.6km/L、価格146万~

      2017/05/22

新登場!ルーミー・タンクは兄弟車!
燃費24.6km/Lでハイブリッド設定なし

第2位
トヨタ・ルーミー
トヨタ「ルーミー/タンク」

燃費 2016年
販売台数
乗車人数 スライド
性能
室内広さ
荷室広さ
運転性
安全性
少し残念 少し残念 とても良い とても良い 少し残念 とても良い
24.6
km/L
不明 5人 開口幅
597mm
良い とても良い

ルーミーの展示車レポート

ライバル車:スズキ・ソリオ

トヨタ・ルーミー/タンクは、ダイハツ・トールからのOEM車です。他にもスバル・ジャスティも同じ兄弟車になります。

ルーミー/タンクのメリット(良い点)

  • スライドドアが閉まる前に予約ロック可能
  • パワースライドドアは、ワンタッチでドアオープン可能
  • 衝撃回避システム『スマートアシストⅡ』搭載
  • 前も後ろも誤発進抑制機能付き
  • 車線逸脱警報で車線のはみ出しをお知らせ
  • 全員のシートベルト絞め忘れには警告灯でお知らせ
  • サイドカーテンエアバッグで後部座席も安心
  • 車を見降ろしたようなパノラミックビューで駐車も楽々
  • クルーズコントロールで高速道路の運転も快適
  • 後部座席70度リクライニング可能
  • 366mmの低床フロアで乗降りしやすい
  • 色数豊富でツートンカラーも選べる

ルーミーの全体画像

※グレードにより装備されていない場合がございます。

ルーミー/タンクのデメリット(欠点)

  • ハイブリッド車が無いので燃費がそこまで良くない24.6km/L
  • 排気量が小さい(1.0ℓ)のでパワー不足が心配
  • 5人までしか乗れず、室内も若干狭い

ルーミーの後方画像

ルーミー・タンクの未使用車を探す

ルーミーの全体画像
toyota「ルーミー/タンク」16年11月発表
燃費: 24.6km/ℓ
新車価格: 146万円~
排気量: 1.0ℓ
スライドドア: 両側
電動スライドドア: 片側/両側
スライドドア開口幅: 597mm

ルーミー/タンクの色(ボディカラー)

ルーミーの色 オプション
単色 ★ブリリアントカッパークリスタルマイカ 32,400円
●インペリアルゴールドクリスタルメタリック 32,400円
レーザーブルークリスタルシャイン 32,400円
マゼンタベリーマイカメタリック 0円
フレッシュグリーンメタリック 0円
ファインブルーマイカメタリック 0円
プラムブラウンクリスタルマイカ 32,400円
ブラックマイカメタリック 0円
ブライトシルバーメタリック 32,400円
パールホワイトⅢ 32,400円
ブラックマイカメタリック ×★ブリリアントカッパークリスタルマイカ 86,400円
×●インペリアルゴールドクリスタルメタリック 86,400円
×レーザーブルークリスタルシャイン 86,400円
×マゼンタベリーマイカメタリック 54,000円
ブライトシルバーメタリック ×フレッシュグリーンメタリック 54,000円
×ファインブルーマイカメタリック 54,000円

ルーミーとタンクはほとんど同じ色ですが、★はルーミーのみ、●はタンクのみで選択できる色となっています。

オプション無しで選択できる色は、4色のみなのが残念ですが、オプション料金を支払えば沢山の色から選択出来るのは嬉しいポイントです。

ルーミー/タンクの特徴

ルーミー・タンクの燃費は24.6km/Lでハイブリッドなし

ルーミー・タンクは、ハイブリッド車はなく、ガソリン車のみです。燃費は24.6km/Lで、ガソリン車の中ではソリオの24.8km/Lに次ぐ第2位ですが、ハイブリッドを含めると第4位の燃費となりました。

排気量は1.0Lと小さいですが、ターボ設定もあるので、高速道路の利用頻度の多い方は、ターボモデルを選択することで1.5L並みのパワーでの走行が期待できます。

ガソリン<FF> 24.6km/L
ガソリン<4WD> 22.0km/L

スライドドアの開口幅は597mmと狭い

スライドドアの開口幅は、597mmでライバル車と比較して一番狭い数値でした。

ほとんどのグレードに両側パワースライドドアが搭載されているのが嬉しいポイント。366mmの低床フロアで乗降りしやすくなっています。とは言え、同じトヨタのシエンタは330mm、ポルテ300mmなのでシエンタ、ポルテよりは高めです。

大きなアシストグリップが付いているので大人も子どもも握りやすくなっています。

スライドドア開口幅 597mm 5位
スライドドア開口高 不明
後部座席ステップの高さ 366mm 4位

スライドドアの予約ロックはルーミー・タンクだけ

販売開始時期が遅い程、スライドドア性能の充実度は有利で、ルーミー・タンクもスライドドア性能がとても良いです。特に、現段階では、スライドドアを閉めている最中に施錠予約ができる『予約ロック』機能は、ルーミー・タンクにしか付いていません。予約ロック機能があれば、雨の日にドアが閉まるのを待たずに鍵を閉める事が出来るので、ぬれずにお家に入れます。

ルーミーのスライドドア

スライドドアに内蔵されたロールサンシェードは、必要な時は引き出して使えて、不要な時はスッキリ仕舞えるので邪魔になりません。お子さんが眩しくて寝れなくて不快な思いをしなくて済むので嬉しいです。

スライドドア(両側・片側) 両側
電動スライドドア 片側/両側
リモコン開閉(電動)
ワンタッチ開閉 ●電動のみ
イージークローサー ●電動のみ
挟み込み防止
予約ロック ●電動のみ
ロールサンシェード

ルーミー・タンクの未使用車を探す

ルーミー・タンクの室内は狭い

ルーミー・タンクは、5人乗りのコンパクトカーなので、室内の広さは、狭い部類に入ります。室内長2,180mm×幅1,480mm×高1,355mmで、フリード、ソリオ、シエンタの次の4位でした。室内幅だけは、第1位の広さでした。2列目に3人座るという場合には一番余裕があるかもしれません。

ルーミー後部座席リクライニング

同じ5人乗りのソリオと比較しても室内が狭いですが、ルーミー・タンクは、荷室の広さを重視されているのが要因です。

室内長 2,180mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,355mm
長さ+幅+高さ 5,015mm(4位)

荷室は、第2位の広さ

喜んでいる男の子ルーミーの荷室は、2列目をダイブダウン方式で格納可能なので奥行き1,550mmのフラットな空間として使えます。2列目を利用した状態でも、2列目を前にスライドさせると500mmと言う十分な広さを確保できます。

ルーミーの後部座席を格納

また、多機能デッキボードは、反転させると防汚シートになっているので自転車等、汚れた荷物を載せてもさっとふき取りやすくなっています。

ルーミーは汚れても大丈夫

1,030mm 1位
奥行き1列目使用時 1,550mm 3位
奥行きシート全使用時 470mm 2位

最小回転半径4.6mで小回りが利き運転しやすい

good

ルーミー・タンクの最小回転半径は4.6~4.7mです。シエンタ、ソリオ、フリードよりも小回りが利いて運転がしやすいです。ボディの多きさもソリオの次に小さいので女性でも運転しやすいコンパクトな車です。

ルーミーの助手席

最小回転半径(小回り) 4.6~4.7m 1位
車高 1,735mm 4位
全幅 1,670mm 1位
総合 5点 1位

ルーミー・タンクの未使用車を探す

踏み間違い防止は、前進も後退も対応!

goodスマートアシストⅡ搭載のグレードなら、自動ブレーキ、車線逸脱警報、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能など、安全性能が充実しています。誤発進抑制機能は、前進も後退も対応で、高齢者などの踏み間違い予防に最適な機能です。前進のみ対応の車種もあるのでチェックは必須です。

ルーミーのハンドル

運転席・助手席のサイドエアバッグや、後部座席のサイドカーテンエアバッグは、オプションで装備可能になります。安全性を重視するならサイドカーテンエアバッグは必須です。中には、サイドカーテンエアバッグを選べない車種もあるので、ルーミー・タンクはその心配がありません。

SRSエアバッグ 標準装備
サイドエアバッグ オプション
サイドカーテンエアバッグ オプション
衝突安全ボディ 標準装備
歩行者傷害軽減ボディ 標準装備
坂道アシスト 標準装備
自動ブレーキ タイプ別
誤発進抑制(前進・後退) タイプ別
車線逸脱警報 タイプ別
急ブレーキシグナル 標準装備

ルーミー・タンクの未使用車を探す

ルーミーの全体画像
toyota「ルーミー/タンク」16年11月発表
燃費: 24.6km/ℓ
新車価格: 146万円~
排気量: 1.0ℓ
スライドドア: 両側
電動スライドドア: 片側/両側
スライドドア開口幅: 597mm

最長10年間保証・100日返品サービスのあるガリバーで中古車を探すことができます。