スライドドア普通車コンパクトカー比較ランキング2017

2017年1月更新。スライドドア普通車のコンパクトカー(ポルテ/スペイド・フリード・シエンタ・ソリオ・ルーミー/タンク)について徹底比較ランキングを発表したいと思います。

*

新型フリード[ホンダ]ののフルモデルチェンジ予想!2016年9月16日発売

   

ホームページで情報公開されつつあるホンダの新型フリード。5ナンバーのコンパクトボディで両側スライドドアであることは変わらず、全長が50ミリ伸びることが確定しています。ガソリン、HV両方とも、Honda SENSING搭載の設定がタイプ別でされる予定です。

外観は完全に刷新されていて、ヘッドライトは最近のホンダ車と同じく、インライン式LEDランプが採用されているように見えます。このタイプのライトでは珍しく、ウィンカーが左右の外側の両端についています。(旧型フリードはウィンカーは内側についていました)

また、公開はされていませんが、安いグレードはシャトルの安いグレードのようにプロジェクターヘッドライトか、フィットの安いグレードのようなマルチリフレクター式のライトを装備しているかもしれません。

ボディは真ん中が一段下がっているルーフの形が特徴的で、空気抵抗を意識したものと思われます。そのため、おそらくサンルーフやグラスルーフはオプション設定されないと思われます。

公開されているボディカラーは全9色で、レモンイエロー系のシトロンドロップと明るい青系でCMなどにも登場しているボディカラーのブルーホライズンメタリックが新色になります。

エンジンはガソリン車が1.5直噴エンジン、HVは1.5LのSPORT HYBRID i-DCDが設定される。また、HVにも4WDが設定されます。スペックは公開されていませんが、最近の傾向からしてシャトルやグレイスと同等の馬力やトルクだと思われます。

燃費はHVの2WD車が同様のシステムであるフィットやシャトルなどの数値と、過去のモデルからの燃費向上の数値から類推して、JC08モードでリッター29キロ~32キロくらいになるのではないでしょうか。

ガソリン車は変速機関係の公開はされていませんがおそらくCVTで、エンジン関係で同等の性能を持つと思われるグレイスやシャトルの燃費から類推して、2WD車でJC08モードでリッター19キロ~21キロくらいになるではと思われます。

初代フリードの初期にあった8人乗りタイプの復活はなく、今回も7人乗りがメインで、4WDのHVは6人乗りだけになる模様です。

また、フリード+と言う5人乗りタイプが設定されます。内装にはフリードスパイクに近い装備である荷室用ユーティリティボードとユーティリティナットが設定されることがわかっています。

しかし、公開されている情報の範囲では外観スタイルには変化がない様で、現在のフリードスパイクの後継なのか、初期フリードにあった5人乗りタイプを意識したモデルなのかはまだわかっていません。